diplid

東京学芸大学アカペラサークルInfini所属
男6人爽やかおしゃれバンドのブログ
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 箱ライブします | main | 5.My love >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
4.planet

 どうも、奥様方のぴろしです。気付けば2カ月更新してませんでした。そして2カ月の間、頭髪を放置しておりました。ようやく切ります、いえ斬ります、むしろ。

今回の「ぴろしのファンキー曲紹介」、ぴろしが勝手に名付けたdiplidの「初期4曲」最後の曲にして、現在最も安定している「planet」です。サークルの先輩から「この曲をやってほしい」と言っていただき、やってみたところ好評という、先輩さまさまな曲であります。(その先輩に「書け」と言われたので、付け足しておきます。)

原曲はコーラスグループcooly high harmonyさんが歌うこの曲、diplidのいわたけアレンジ曲(ほとんどですが)の中でも、特にアレンジの段階から評判いいのではと思います。そして、diplidの持ち歌としても好評をいただいております。

やってる我々としても、他の曲に比べれば安心して歌っていられる曲なのかなと思います。ライブではほとんど一発目に持ってきますが、一発目向きな曲であると同時に、やっぱり自分達としても安心感があるのかなと。ちなみに、ぴろし父いわく「安心して聴いていられる」とのこと。まあ、私の父の意見がどこまで参考になるかはわかりませんが…。

また、diplidの持ち歌の中で、コンセプトである「さわやかおしゃれ」を端的に表しているのがこの曲である、とも言えます。さわやかなんだけど、前回の「告白」と違いさわやかなだけじゃないというか。ジャズチックなところがそうさせているのかもしれません。もっとも、そのジャズチックなスイング感を出そうにも出せず、なかなか思い描く完成形まで辿りつけないのですが…。それを踏まえても、現在のdiplidにとって「とりあえずplanet」というポジションを確立している曲です。
ちなみに、原曲は「プラネット」と片仮名表記ですが、暗黙の了解で、diplidは「planet」としています。
 
全字ハモで始まるというインパクト、さわやかなハーモニー、スイングによるおしゃれさと、実際にdiplidの実力をもって歌った場合の完成度はさておき、好条件が揃った一曲となっています。さらに、私が個人的に注目しているのは歌詞です。基本的に何が言いたいのかわかりにくい。いや、わかるはわかるんですよ。「物足りない自分からの脱却」というか、何となく無為に過ごしてるなあ、という日々から抜けようというか…。
ぴろしにとって重要なのは、言いたいことの内容よりも言い方なんですね。「生まれ変わるぜ!」みたいな言い方をしないで、「壊れかけの磁石」とか「真っ白な地図」とか、グッドフィーリングフレーズによって表現していく歌詞は非常に「おしゃれ」だと思います。

そういえば、ぴろしがリードを務める部分の「はしゃぎすぎて 壊れすぎて まるで夏の」の後に続く単語が聞き取れません。この曲、歌詞を探しても見つからないので、みんなで頑張って聞き取ったんですが、この部分は結局わからず…。何となくそう聞こえた「エンドルフィン(脳内麻薬)」というフレーズをあてていますが、「エントロピー」もありかな、と思います。現状、ぴろしの好みでエンドルフィンです。

この4回で紹介してきた曲は、diplidがデビューした箱ライブに向けて用意した、まさに「初期4曲」です。このうち「planet」は、先にも書いたとおり「さわやかおしゃれ」の象徴、つまり「diplidと言えば」という曲になっています。レパートリーは当然この頃から増えていますが、今でもdiplidの軸になっている一曲です。
逆に、この曲の存在が他の選曲を難しくしている面もあります。選曲の際に「planet路線」の曲を選ぼうと、なかなか見つからない。また、「さわやかおしゃれ」を端的に表しているが故に、似たような曲を並べると平板なライブになってしまう恐れもあります。

まあ、その辺りは自分達で頭を使って何とかしなければならない点です。いずれにしても「planet」は、diplidの「一番星」として扱われていくのではないかと思います。…プラネットだけに。

次回は、ぴろしのピンリード第2弾、「My love」を紹介します。

それでは奥様、おやすみなさい。

| ぴろし | 18:05 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:05 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
書けと言われたと書いたら意味ないじゃないか!(笑)

でも期待以上のものが聴けて嬉しく思っております☆

これからも頑張ってね!
| なおこ | 2010/02/03 8:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diplid.jugem.jp/trackback/32
トラックバック